高齢化社会に必要な職業|医療事務の資格を取って未来に挑もう|可能性は無限大
婦人

医療事務の資格を取って未来に挑もう|可能性は無限大

高齢化社会に必要な職業

男性と女性

リハビリを指導する仕事

高齢化社会になると脳卒中で倒れる高齢者や、足腰が悪くなって歩けなくなる人が増えてきます。そのような患者にとって大事なのがリハビリです。特に脳卒中の後遺症で体が不自由になった場合は、早めにリハビリすることによって回復できるのです。医師の指示の元にリハビリを指導するのが作業療法士です。このような患者にとって、頼りになるのが作業療法士です。高齢化社会へ進んでいく中にあって、作業療法士の必要性が喫緊の課題になっています。患者の役に立てる仕事なので、若い人でも作業療法士を目指す人が増えています。障害で動けなかった人がリハビリでセルフケアができるようになった時の喜びは、作業療法士だからこそ得られる充足感です。やり甲斐を求める人に最適の職業です。

国指定の学校と夜間学校

作業療法士になるには国家試験を受けて合格する必要があります。その場合の必要条件ですが、国に指定された大学や短大や専門学校で学ばないと試験が受けられないのです。他の資格では通信講座でも可能な場合がありますが、作業療法士の場合は通信講座では資格が取れないのです。そのような人は夜間学校に通って資格を目指すことができます。夜間学部を設けている大学や短大や専門学校がありますから、カリキュラムや授業料を比較して選ぶようにします。作業療法士の勉強で必須なのが実習です。夜間学校の場合は昼間に実習が行われるので、昼間働いている人は事前にその点を会社や上司に伝えて許可をもらっておくことが大事です。また資格を取るためには自主的に受験勉強をする必要があります。