国家試験と英語|医療事務の資格を取って未来に挑もう|可能性は無限大
婦人

医療事務の資格を取って未来に挑もう|可能性は無限大

国家試験と英語

メンズ

国家試験の合格率を確認

レントゲン撮影、CTやMRI、マンモグラフィーなど、診療放射線技師が扱う検査器具は非常に多岐にわたります。また、診療放射線技師は、ガン治療における放射線治療においても活躍することとなり、大変注目を集めている医療専門職の1つです。言うまでもなく、放射線の取り扱いは大変デリケートなものですから、診療放射線技師になるためには、大学などの養成施設で学び、国家試験に合格しなければなりません。また、診療放射線技師試験の合格率は、大学によって多少異なりますから、できるだけ率の高い大学を目指すことがポイントとなるでしょう。ちなみに、合格率は、国公立大学の方が高めな傾向が見られますが、私立大学にも高い合格率のところは見られます。国家試験が取得しやすい大学では試験対策が充実し、同じ目標に向かって学ぶ環境が整っているため、資格浪人になる可能性も大きく減るメリットがあります。

英語は学んで損なし

近年では、在日外国人や外国人観光客が増えていることもあり、医療機関においても、英語がしゃべれる人材が重宝される傾向があります。最近では、診療放射線技師の学会においても、論文を英語化しようという動きもあるようで、英語力の底上げが行われていることも注目に値します。また、就職活動において、英会話ができるというだけで、優先的に採用へとつながるケースが多いことも事実です。このような背景から、大学選びの際には、英語力が身につく大学かどうかも確認しておきたいところです。こうした情報は、ホームページだけでは調べにくいですから、資料を請求してカリキュラムをチェックしたり、オープンキャンパスで確認することをおすすめします。