女の人

医療事務の資格を取って未来に挑もう|可能性は無限大

国家試験と英語

メンズ

診療放射線技師になるためには、大学などの養成施設に通学し、国家試験にパスしなければなりません。したがって、できるだけ試験の合格率が高い大学を選ぶことが望ましくなります。また、在日外国人や外国人観光客が増え、英語ができると重宝されます。パンフレットやオープンキャンパスで、しっかりと情報収集しましょう。

詳しくはこちら

とりあえずこれを選ぶ

PCを操作する人

この先もずっと枯渇しない

就職をする時にはエントリーシートや履歴書に自分のプロフィールを記入して提出するわけですが、当然そこに資格の名前があると有利に進められます。資格の一覧を見ると数えきれないほどいろいろなものが載っており、まずはそこから自分にとってどれが一番に有益なのかを判断するのが第一歩です。判断をする基準としてはコストパフォーマンスを意識するといいです。取得までにかかる費用や時間と得られるメリットを比較すれば自ずと答えが見えてきます。数ある資格のなかで抜群におすすめなのが医療事務で、迷った時にはとりあえずこれを選ぶ人もいるほどです。需要がこの先もずっと枯渇しないのが医療事務の魅力で、病院がなくなる確率はゼロですから求人も絶対にあり続けます。

最適な解が割り出せる

医療事務の資格の取得をするには試験において一定の得点が求められるわけですが、筆記のみなのでいろいろな勉強法で臨めます。自分が置かれている状況を分析すると最適な解が割り出せます。例えば、一般的なところだと専門学校です。学生時代の授業のように専門学校では医療事務に関する知識を先生が丁寧に教えてくれます。分からない点があった時にもすぐに質問できますから、着実にゴールに近づきたいのなら専門学校です。これに対して、医療事務向けの通信講座を活用する手もとれます。時間に縛られないのが通信講座の最大の良さで、好きなタイミングや場所で勉強できます。すでに何かやるべき作業がほかにあって、それと両立する必要がある人にはピッタリのアプローチです。

医療系の要国家資格専門職

メンズ

放射線技師は国家資格が必要で、X線検査やCT、MRI、マンモグラフィと病院の中でも仕事は多岐にわたります。資格を取るには大学・短大・専門学校がありますが、最近は高学歴を重視する傾向があるため4年制大学の方が就職に有利です。入学後は物理学を多く学ぶために、苦手意識を持たないようにしておきましょう。

詳しくはこちら

高齢化社会に必要な職業

男性と女性

高齢化社会では脳卒中や足腰の障害で体の自由がきかなくなる患者が増えます。そのような患者に必要なのがリハビリで、医師の指示のもとでそれを指導するのが作業療法士です。やり甲斐のある仕事なので、目指す人が増えています。国家資格を取るためには指定の教育機関へ通うのですが、夜間学校でも勉強することができます。

詳しくはこちら